ホームページの制作費用を抑えて売上をあげる方法はないのか?

ECスプレッドの菅原です。

ビジネスにおいてWEB対策は必須の時代ですが、ホームページを制作されていない企業様もまだまだ存在しているのが実情です。

また、ホームページは開設しているものの、何年も前に作った古いホームページを活用している企業様も少なくありません。

企業規模、方針、業種などによって事情は異なり、様々な背景が考えられます。

その中には「制作費用がネックになっている」という企業様もいらっしゃると思います。

これは小規模事業者さんですね。

WEBを活用してビジネスを加速させたい!…けど費用は限られている。。。」という状況の事業者さんは相当数だと思います。

  • ホームページの料金は安い方が良い
  • ホームページの費用を抑える方法はないか?
  • ホームページを自作してみよう
  • ホームページを無料のサービスで作成しよう

 

このように考えているのではないでしょうか。

本記事ではホームページの制作費用を抑え、なお且つ売上をあげるための方法についてご紹介していきたいと思います。

記事の内容は、規模に関わらず主に以下のような企業様向けの情報となっています。

  • ホームページの制作費用を抑えたい
  • 費用をかけずにWEBで成果につなげる方法を求めている
  • ホームページで伝える情報はそれほど多くない

費用を抑えながら集客も成果も達成するホームページ制作の方法

ホームページの制作費用を安く抑えて、成果につなげる方法はないのか?

弊社はマーケティング支援を行うWEB制作会社ですので、この疑問に対する解決法をご提案しなくてはなりません!笑

先に結論をお伝えしますと「シングルページ+ブログ」で構成するWEBサイトをご提案致します

シングルページとはその名の通り、1ページで完結させるWEBページのことです。

分かりやすいのは、セールスやリスト獲得を目的とした縦長のランディングページのようなイメージですね。

シングルページは、事業に関する基本的な情報を載せて問い合わせフォームを設置するだけのシンプルなホームページです。

シングルページだけではSEOもコンテンツも集客も弱くなりますので、それらをブログで補うという設計になります。

 

理想的なホームページ制作の在り方

「シングルページ+ブログ」の構成を詳しく説明する前に、制作費用の大小を抜きにした「理想的なホームページ制作の在り方」についても知っておいて頂きたいと思います。

そもそも「ホームページをなぜ制作するのか?」というと「ビジネス活用」が目的ですよね。

  • ホームページの費用を抑える方法はないか?
  • ホームページを自作してみよう

 

このような考えに至ったときは「目的を果たすことが出来なくなる」リスクを孕んでいます

 

低予算で制作したホームページは使えない?

「ホームページをビジネス活用する」という目的に沿って考えるなら、ホームページを通して達成したい目標に必要な施策を実装しなければなりません

予算計画は必ずあると思いますが、予算ばかりを重視すると目的を果たすことが出来なくなります

制作会社から「〇〇を目指すならコレはやっておいた方がいいですよ」という提案があったとしても、それで予算オーバーするなら「やらない」という選択になるでしょう。

低予算で制作することに重きを置いた「安かろう悪かろう」なホームページは、目標達成に貢献しにくいです。

実際、弊社のクライアントさんでも「低予算で制作したホームページがまったく機能しなかった」という残念な結果になってしまった事例もあります。

ですので、理想的な制作方針は「予算よりも達成したい目標を基点にして考えるべき」なのです。

 

自作のホームページは本当にコスパが良いのか?

もしWEB制作に必要なスキルがあるなら自作も選択肢の1つかもしれませんが、結論を先に述べると「WEB制作は本務ではないので制作会社に任せた方が良い」というのが弊社の考えです。

WEB制作会社よりも上手に作ることはできませんので、自作のホームページはクオリティが落ちます

  • デザインがショボい
  • レイアウトが見にくい
  • ユーザビリティが悪い
  • SEO対策が間違っている
  • 導線設計が考慮されていない

 

このような仕上がりになった場合は、ームページに訪問したユーザーのイメージを損ねてしまうかもしれません

また、ホームページの作り込みが競合よりも明らかに劣っていれば、せっかく訪問してくれたユーザーは競合へ流れてしまうでしょう

これでは逆効果ですよね。

 

そして、自作しようと考える大きな理由は「制作費をかけたくない」だと思いますが、「その選択は本当にコスパが良いのか?」を試算してみたいと思います。

 

<自作に要する投下資源>

  • 時給 1,000円
  • 工数 120時間(8時間×15日間)
  • 制作費 1,000円×120時間=120,000円

 

従業員に作らせるのか社長が作るのかは分かりませんが、少なく見積もってもこの位の資源を投下することにはなるでしょう。

競合よりもクオリティの低いホームページを120,000円投じてまで作るべきでしょうか

その自作に要する費用は本務に投じるのがベストな選択だと思います

 

制作費は安く抑えた方が良い場合もある

ただ、制作費用を抑えたいという気持ちはよく分かります。

小さな投資額で大きなリターンを得られるに超したことはありませんので、コスパが良くて満足できるホームページを制作できたら最高ですよね。

費用を基点に考えるというワケではないのですが、制作費を安く済ませた方が適当なビジネスもあります

例えば型番商品を地域販売している小規模事業者さんが、100万円規模の予算を投じて立派なホームページを作ったとしても、WEBから得られる恩恵を考えたら明らかにオーバースペックな感じがしますよね。

このような極端に的外れな選択は通常ないと思いますが、これを深掘りしてみると「制作費を安く抑えたい本当の理由」が見えてきます

それは「『自社のビジネスに見合ったWEB投資額と、そこから得られるリターンが見えない』という漠然とした要素を抱えたまま制作依頼をしなければならないこと」です。

その結果「投じた費用をムダにしたくないので、制作費用はできるだけ安く抑えたい」という気持ちに至るのではないでしょうか。

すべての企業様が多額のWEB投資をする必要はありません。

自社のビジネスに見合った形に仕上げることが最良の選択です。

その一つの選択肢がシングルページ+ブログのホームページです

 

シングルページ+ブログが相応しいビジネスとは?

「シングルページ+ブログ」は費用を抑えながら集客も成果も達成するホームページの形であるといえども、適しているビジネスと適さないビジネスがあります

簡単にまとめると

  • ビジネス活用することをそれほど求めない
  • ホームページは必要だがそれほど重要視しない
  • シングルページで充分

 

これらの要素は「企業規模」や「業種」というよりも「方針」の問題ですね。

自社のビジネスに置き換えて考えたときに、同意できるか否かが判断基準になると言えます。

 

シングルページ+ブログの設計と戦略

スタンダードなホームページの設計は以下の通りです。

ユーザーはサイトの顔ともいえるトップページから流入し→下層ページの各コンテンツを回遊します。

下層ページで様々なコンテンツを設けサイト全体で専門性を高めることで、SEO集客することが可能です。


次に、シングルページのみの設計は以下の通りです。

ユーザーはシングルページに流入し、興味のあるユーザーだけが問い合わせフォームに遷移します。

シングルページは1つのページにしか情報を盛り込めないのでSEOが非常に弱く、シングルページでSEO集客するのは困難を極めます


そして、シングルページ+ブログの設計は以下の通りです。

ブログにSEOを考慮したコンテンツをストックし→シングルページへ誘導する設計となります。

シングルページ単体でSEO集客するのは無理ゲーですが、ブログでコンテンツマーケティングを実施することで流入経路を確保します。

これがもっとも費用をかけずに目標達成につなげるWEBサイトの設計です

 

ホームページとブログの使い分け(位置づけ)

それならシングルページに誘導させなくても、ブログだけで完結させてもよいのでは?」と思ったのではないでしょうか。

ここでホームページ(シングルページ)とブログの使い分け(位置づけ)について触れておきます。

 

<ホームページ>

  • サービス紹介
  • 経営理念
  • 代表者やスタッフ情報
  • 営業時間
  • 地図
  • 住所
  • 連絡先
  • 問い合わせフォーム
  • プライバシーポリシー

 

ホームページにはこのような会社に関する基本的な情報を掲載します。

位置づけとしては「対外的な信用のため」と言うとイメージしやすいかもしれません。

「会社のホームページはありますか?」と顧客や取引先から言われたときに「弊社はブログしかありません」となったらばつが悪いのではないでしょうか。笑

 

<ブログ>

  • サービスに関する詳しい情報
  • 会社のイメージを伝える情報
  • お客様事例
  • メディア掲載情報
  • 採用情報

 

これらは一例にすぎませんが、本来ホームページの下層ページに設けるようなコンテンツを、ブログに盛り込むと良いです。

位置づけとしては「より詳しい情報」「定期的に更新される情報」といったイメージです。

顧客が求める良質なコンテンツをストックし、コンテンツ一つ一つが集客経路となることを目指してブログを活用します

 

方針を定めて、ビジネスに適当なホームページ制作を

ホームページの制作費用を抑えて売上をあげる方法として「シングルページ+ブログ」という構成についてお伝え致しました。

WEBは専門性の高い分野ですので、自社のビジネスにどのように活用できるかはイメージできないかもしれません。

「制作費を安く抑えたい」という方針を持っていたとしても、WEB制作会社と情報共有を図り、方向性を調整していくと良いでしょう。

弊社では今回ご紹介した「シングルページ+ブログ」といった構成で仕上げたい企業様向けの制作メニューをご用意しております。

ECスプレッドのサービス

気になる点やご不明点などございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせ