【事例紹介】歯科医院ホームページリニューアル

秋田市牛島にある『ハピネス歯科クリニック』さま(以下ハピネスさま)のホームページリニューアルを担当させていただきました。

WEBマーケティングの重要性やアプローチを深く理解されていて、スムーズにプロジェクトが進行しました。

SEOで望んでいた結果がすぐに表れまして、WEBマーケティングをサポートする立場として自分のことのように嬉しかったです◎

とても参考になる事例だと思いますので、どのような制作を実施したかご紹介したいと思います。

ホームページリニューアル要件と実施内容

  1. 全ページをリニューアル
  2. 「温かさ」と「柔らかさ」を感じる雰囲気を表現
  3. 導線設計、UIなどはハピネスさんの要望を取り入れながら設計
  4. ターゲットキーワードでのSEO上位表示を重要度の高い目標に設定
  5. 院長の理念や方針・大切に考えていることなどを細かくヒアリング
  6. 閲覧ユーザー(患者さま)と医院方針を結ぶコンテンツの作り込み
  7. 写真撮影

 

スッキリ分かりやすいデザインを心がけました。

写真撮影も承りましたし、バナー・アイコンといった細かい部分までオリジナルです。(※一部素材使ってます)

 

ビジュアル的な部分だけでいうと、他のWEB制作会社さんでもデザイン性に富んだ制作はできると思います。

ECスプレッドはWEBマーケティングに特化しているので、4~6の要素を特に重んじました

それらについて、深掘りしてみますね。

 

SEO対策の成果

結論から言いますと・・・

ターゲットキーワードでの順位は、1年以上3ページ目あたりに留まっていたとのこと。

公開してすぐにこのような結果が表れたことには、正直驚きました。

公開からちょうど1ヶ月経った頃には7位まで上がりました

日によって多少の変動はありますが、これからさらに順位をあげていく施策があるので問題はないかと。

では、このような結果につながった取り組みはなんなのかというと「コンテンツの作り込み」だと考えられます

 

SEOで1ページ目にランクインしたコンテンツの作り込み

良いコンテンツを作ればSEOに高評価を及ぼすといわれる「コンテンツイズキング」の概念。

「理想論」や「ひと昔前な感じ」もあるかもしれませんが、この結果を見る限り今も有効だと思います。

細かい話をすると説明が長くなるため割愛しますが、特に医院系のホームページでは効果を発揮するのではないかと考えられます

では、より具体的に説明していきます。

 

独自性

ホームページのコンテンツはすべてオリジナル(テキスト)になっています

そんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、歯科医院のホームページはコピーコンテンツが散見します

コピーコンテンツはSEOの評価が下がると言われていますが、それでも上位表示されてたりするんですよね。

これは憶測に過ぎませんが、医院系サイトはEAT(専門性、権威性、信頼性)が無条件で担保されるので、コンテンツを丸パクリしても大した影響を受けないのではないかなと考えられます。

それにしても、コピーコンテンツはGoogle的に望ましくないはずですし、ユーザーにとっても不誠実というか雑ですよね

理念を持って医院経営をしているのであれば、そのメッセージを伝えてあげるべきではないでしょうか。

院長が大切に考えていることに私自身が共感し、オリジナルのメッセージを大いに盛り込ませていただきました。

 

権威性、信頼性

医院サイトに限らない話ですが、何かを主張する際は根拠をセットで示した方が説得力ありますよね

WEBサイトにおける権威性と信頼性の担保は、信憑性の高いソースを活用することです

簡単に言うと「誰が言っているのか?」「出所はどこなのか?」です。

私はコンテンツを作り込む際、流れの中に根拠を示すフェーズを必ず持ってきています。

そこに、信憑性の高いソースで言われていることを示し、出典元を記載する

ここでも丸パクリはしない方がいいと思います。

自分の主張があって、それを補完する資料として用いるのが目的です。

 

文量

「SEOに有効な文章量はどのくらいか?」という問いはよくあります。

明確な答えは出せないので、実際の取り組みを示していきます。

  • コンテンツの濃いページは1ページ当たり4000文字以上
  • ホームページ全体で5万文字以上

「コンテンツの濃いページ」とは、診療科目や医院コンセプトといった伝えるべき情報が多いページです。

検索ユーザーが求める問いに答えるためには文量が多くなりますし、そもそも医院方針として伝えたいメッセージはたくさんあるはずです

そうすると、1ページ当たり4000文字は自然と超えます。

4000文字が必須ということではありませんが、この位は目安にしてもいいと思います。

4000文字×13ページあれば5万文字は超えます。

しっかりと数えたわけではありませんが、近い値に達していたはず。

単純に文章量が多ければ良いということではなく、品質を考慮した上での文章量が大切です

 

そして、SEOよりも患者さんに理解してもらう方が大切だという本質を忘れてはいけません

  • 伝える相手は誰なのか?
  • 相手はどんな悩みを抱えているのか?
  • 悩みをどんな手段で解決するのか?

こういった基本的なコミュニケーションが大前提にあって、その上でEATを考慮する

誰に? 何を? どのように? がコンテンツ制作の軸になります

 

さらなる上位表示を目指す施策とは?

そもそも「なぜSEOで上位表示を目指すのか?」というと、クリック率を高める狙いがあります。

  1. クリック率を上げる
  2. ホームページに訪問してもらう
  3. 問い合わせ、予約、購入などの行動を起こしてもらう

こんな流れです。

 

検索順位でどのくらいクリック率が変わるかというと…

  1. 45.46%
  2. 15.69%
  3. 10.09%
  4. 5.49%
  5. 5.00%
  6. 3.94%
  7. 2.51%
  8. 2.94%
  9. 1.97%
  10. 2.71%

 

これを見る限り、1ページ目にランクインしたといっても、1位~10位には大きな開きがあります。

できることなら、1位~3位を目指したいですよね。

では、どのようにしてさらなる上位表示を目指すのかというと…

ここでもやはりコンテンツイズキングです。笑

検索ユーザーの求める答えを示した高品質なブログ記事をストックする

このような手法をコンテンツマーケティングといいます。

 

コンテンツマーケティングの必要性と取り組みの方向性

ホームページ単体では、どうしてもコンテンツの量や網羅性に限界があります。

そこで、ホームページに載せられなかった情報はブログで伝える必要性があるということですね。

 

このとき選ぶブログの題材は、ホームページのテーマと関連している必要があります

  • 歯科医院→歯やお口に関する題材を選ぶ
  • ホームページ制作会社→SEO対策やWEBマーケティングに関する題材を選ぶ

テーマと関係のない題材は、SEO的に好ましくありません。

また、よほどのファンでない限り、テーマと関係のない情報をユーザーは求めていません。

 

Googleは高品質なコンテンツが多いサイトを評価するといわれています。

逆に、低品質なコンテンツが多ければサイトの評価を下げます。

自分の好きなことばかり書き連ねていると、SEO的にはマイナスになりかねません

 

ターゲットキーワードの1ページ目上位は、非常に強力な情報サイトが占めています。

ここへ食い込むには時間と根気が必要ですね。

ハードルは高いですが、いずれにせよ打ち手はコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングのポテンシャルについては、こちらのページをご覧いただければ。

SEO対策は重要ですが、勘所ではありません

そもそも「なぜSEOで上位表示を目指すのか?」というと、クリック率を高める狙いがあります。

  1. クリック率を上げる
  2. ホームページに訪問してもらう
  3. 問い合わせ、予約、購入などの行動を起こしてもらう

このように先述しましたよね。

大切な順番は3→2→1です

  • 3.行動を起こしてもらえるようなホームページがある
  • 2.ホームページに訪問してもらうための経路がある
  • 1.訪問してもらいやすいSEO上位表示が実現されている

2と3は必要ですが、極論を言うと1のSEOはなくても成り立ちます

SEO対策は行動を起こしてもらう部分に関与できません

SEO以外にも集客経路はあります。

 

つまり、SEO対策は集客手段の一つに過ぎず、勘所ではないんですね

SEO対策の重要性を理解している方は多いですが、ホームページそのものを見落としている方も多いです。

仮に上位表示されて多くのユーザーが訪れたとしても、誰も商品を買ってくれないようなホームページだったら意味がありませんよね。

行動を起こしてもらえる良いホームページがあるから、SEO対策に力を入れる意味がある

この本質は是非覚えていただけたらと思います。

 

ホームページ制作のご相談はお気軽にどうぞ

ECスプレッドがどのようにしてホームページ制作をしているかご紹介いたしました。

WEBマーケターの制作するホームページがどのようなものか、少しでもイメージできたら幸いです。

 

秋田市にもホームページ制作会社はたくさんあって、それぞれ得意分野が異なると思います。

ウチの会社がホームページを通して得たい結果はなんなのか?

この問いに対する考えを元に、WEB制作会社を選んでくださいね。

相談、お見積りは無料です

制作だけでなく、WEBに関する質問があれば気軽にお問い合わせください◎

幅広くお答えできると思います^^

お問い合わせ

歯科医院ホームページのリニューアル

歯科医院ホームページのトップページスクリーンショット

URLhttps://www.happiness12.com/
業種・業界歯科医院
ジャンルホームページ(全面リニューアル)
プロジェクト期間約3カ月
デバイスPC/スマートフォン
担当範囲WEBサイトディレクション/コンテンツ制作/デザイン/写真撮影/HTMLコーディング