プロフィール紹介

ご覧頂きありがとうございます。

秋田でフリーランスのWEBマーケターとして活動しているECスプレッドの菅原直幸と申します。

ECスプレッドは「WEBにおける課題を解決するマーケティング支援」というテーマでサービスを展開しております。

本ページでは「どんな人がやってるのか?」「どんなことを考えているのか?」といったことをお伝え出来ればと思います。

 

自己紹介

菅原直幸(すがわら なおゆき)

1986年8月13日(お盆生まれ)

潟上市出身、秋田市在住

秋田技術専門校メカトロニクス科卒業(電気系)

 

  • 家族構成:妻、娘(2歳)
  • スポーツ:ラグビー(7番)
  • 好きな物:料理、音楽鑑賞、DJ、レコード、オーディオ、美術館、読書、小津映画、猫
  • 好きな言葉:他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる
  • 好きなタイプ:受け入れる器の大きい人
  • 苦手なタイプ:不機嫌な人、他責的な人

 

小・中は野球、高校は3年間ラグビーをやっていました。

全力のタックルが評価され、スクラムハーフからフランカーへ転身。(軽量FW)

花園予選は名門秋田工業に敗れましたが、先制トライを取ったことはいい思い出です♪

 

17歳の頃から音楽に傾倒し、20代はレコードを買い漁っていました。

HIP HOP、FUNK、JAZZ、LATIN、SKA、REGGAE、J-POP、昭和歌謡など…好みは幅広い方だと思います。

制作をしていた時期もあって、FM秋田25周年のジングル、秋田朝日放送20周年CMで楽曲を提供したこともあります。

その他にも色々と好きなものはありますが、家族と仕事に重きをおく現在はほとんど断っています。笑

 

ただ、料理はほぼ毎日しています。

飲食店を長年やっていたので、それなりに美味しいと思います◎笑

 

 

活動方針は「相手の気持ちを考えること」

WEBマーケティングのコンサルを通して、私は以下のように感じました。

 

まずホームページそのものが最適な状態になっていない。
クライアントの目的に寄り添っていないホームページが納品されていることによって、クライアントは問題を解決できずに困っている。
これでは多額の費用を投じてホームページを作った意味がない。

 

クライアントさんは「ホームページを作りたい」のではなく「ホームページを作って売上を伸ばしたい」が目的のはず。

これはWEB制作会社が「制作はするけど、その先は関与しませんよ」というスタンスによるものです。

それが良いor悪いの話ではありませんが、このような業界の課題を目の当たりにして「クライアントの事業に貢献する仕組み作りをサポートしたい」と考えるようになり、EC スプレッドをスタートしました。

 

私が大切にしているのは「相手の気持ちを考えること」です。

やや美辞麗句感が漂いますが、これはマーケティングの本質でもあります。

  • 顧客は何が知りたいのか?
  • 顧客は何が心配なのか?
  • 顧客は何が欲しいのか?

 

このように相手の気持ちを考え、相手を理解する活動がマーケティングです。

  • 価値を求めている顧客と出会って頂き
  • 価値を受け取った顧客に喜んで頂き
  • 価値を提供した喜びを感じて頂き
  • 価値を提供し続けて頂く

 

顧客もクライアントさんも私も喜びが得られるように携わらせて頂きたいと考えています。

 

ECスプレッドが解決できる貴社の課題

ECスプレッドでは主に以下のようなサービスを提供しております。

  • WEB制作(ホームページ、ECサイト)
  • WEB強化支援サービス(アドバイス)
  • WEB担当者のアウトソーシング(管理、運用代行)
  • メディア構築(コンテンツマーケティング、オウンドメディア)
  • サイト診断

 

端的に言うと「WEBを事業に活かしたい」という方向けのサービスを提供しています。

ホームページ制作にしても制作→納品「はい、終わり」ではありません。

「売上を伸ばすため」「人材を獲得するため」「認知拡大のため」といったクライアントさんの目標を達成するために伴走致します

 

巷にはSEO業者だとか、コピーライティングだとか、ブランディングだとか、SNSフォロワー獲得ツールだとか、様々な手法が溢れています。

そのような手法をスポットで取り入れたところで、事業に貢献することはないと思います。

なぜならWEBマーケティングは「全体最適」で考えるべきだからです。

それを差し置いて「部分」に過ぎない手法だけを強調してくる人は「ポジショントーク」か「よく分かっていない人」のどちらかなので、くれぐれも気を付けて下さい。笑

 

WEBを活用することも、マーケティング活動に取り組むことも、共通している最終目標は商品やサービスを買ってもらうことです。

そのためには企業やサービスを取り巻くすべての環境を俯瞰で見渡して、最適な手法を組み立てる必要があります。

ECスプレッドはマーケターに求められる「全体最適」の考え方で、貴社の目標達成に貢献するサポートを致します。

 

課題解決は問題発見からスタート

私のWEBマーケティングの知見は独自ECサイト運営がベースとなっています。

市場・競合リサーチ、デザイン、画像編集、コーディング、ライティング、SEO、PPC、アナリティクス、仕入・顧客対応、外注化など…

こういった現場レベルの業務からディレクションまで実行し、WEBに関わる知見を広げてきました。

まずは「どこに課題があるのか?」といった問題発見にはじまり→それを解決するための方法を考えます

 

よく「SEOをどうにかしたい」というクライアントさんがいらっしゃいますが、ほとんどの場合SEO対策よりも優先すべき課題があったりします。

例えば、顧客にとって必要なコンテンツが揃っていないWEBサイトの場合、どれだけSEO集客をしても、そもそもの目的である「お問い合わせ」や「購買」に至ることはありません。

この場合、施策の順番は以下のようになります。

  1. サイトの最適化
  2. 集客
  3. 経過を見る

 

いわゆる「バケツの穴をふさぐ」が最優先です。

問題発見を誤ると、進むべき道も誤ります。笑

 

様々な業種業態のクライアントさんをサポートした経験を活かし、的確に問題発見→解決策を導き出します。

 

目指すは「価値を普及すること」

もったいない

これは様々なクライアントさんと関わる中で、たびたび頭をよぎるキーワードです。

素晴らしい志を持ち、社会的価値のあるサービスを提供しているのに、それを必要とする顧客へ充分に届かないことは本当にもったいないなと感じます

私が目指すことは、クライアントさんの提供する価値に関わる人が喜ぶことにあります。

住宅会社さんであれば、「この会社から家を購入して良かったな」と感じてもらいたいですし、住宅会社さんにはその価値を提供し続けてもらいたいです。

歯科医院さんであれば、「この歯医者さんと出会って良かったな」と感じてもらいたいですし、歯医者さんには患者さんに安心を提供し続けてもらいたいです。

プロジェクト推進の際には、貴社が大切に考えていることや、会社の基本的なことから情報を共有させて頂き、共にビジョンを実現したいと考えております。

是非とも一緒に価値を普及しましょう◎

最後までお読み頂きありがとうございました!